キャッシングで失敗しないために:払い過ぎた場合は過払い請求

キャッシングは借り易いから、安易に借りて気が付いたら限度額一杯借りていたということが良くあります。限度額一杯借りれば後はただ返済していくだけです。

しかし金利が高ければ、返す時に金利分が多い分元本が中々減りません。それで返済しても返済しても完済に時間が掛かります。時間が掛かればその分金利を多く払うことになり、余計損をします。

だから金利の高い所ではキャッシングしないことです。ただもうすでに借りてしまった人は、もう一度金利を見直してみましょう。金利が法定金利より高ければ、金利を余計に払い過ぎたとして過払い請求をローン会社に請求できます。

過払い請求をすれば、払い過ぎた金利を返して貰えるから、それで借金を返済して月々の返済を楽にしたり、人によっては借金が全部無くなって、余ったお金が戻ってきます。

また過払い請求は払い終わっていても出来ますから、その時は払い過ぎた分すべて戻ってきます。

ただ過払い請求は手続きとか面倒ですから、過払い請求をしなくていいように金利の高い所でキャッシングしないことです。

キャッシングはほんと便利ですが、金利を取られる上、返済は確実に行わなければならないので、安易に借りようとしないことです。そして払い過ぎないように金利の高い所を選ばないで、適正金利で貸し出している業者を選びましょう。その上、ご利用は計画的にして無駄に借りて後で返済の困るようなことが無いようにすることが大事です。