キャッシングで失敗しないために:ブラックリスト豆知識

キャッシングをする際にブラックリストと呼ばれるものに載ってしまうと審査に通らなくなってしまいます。ですのでブラックリストに載る基準を理解し、審査に通らなくなることを防ぎましょう。

実は正確にはブラックリストというものは金融業界には存在しないのです。これは顧客がクレジットカードを作ったりローンを組んだりキャッシングをする際に、その顧客の情報が信用情報機関に登録されます。

そして一定期間返済が滞ったり、破産した際には事故情報と呼ばれる情報が登録され、これを通称ブラック情報と呼び、いつしかブラックリストと呼ばれるようになったのです。

ではどのような場合に事故情報として登録がされてしまうのでしょうか。まず支払の期間から3か月以上返済が遅れた場合には5年間事故情報として登録がされ、その期間はローンを組んだりキャッシングを行うことができなくなります。

次に自己破産をした場合には7年から10年間は事故情報として扱われます。また任意整理という自己破産とは違いますが、返済が困難になった方を救済するシステムで、これを行った方も5年間事故情報に載ります。

そのほかにも特定調停で5年間、過払い金請求でも5年間、個人再生でも同じく5年間は事故情報として登録がされ、全てのクレジットやローン、キャッシングが行えなくなります。

この事故情報に載った場合にはどんな方法を行っても消すことはできませんので、その期間は借り入れることができなくなります。